ロゴ
>オススメ情報>ルビーを買取専門店に持ち込むときに気をつけたいポイント

ルビーを買取専門店に持ち込むときに気をつけたいポイント

レディ

ルビーが使用されている貴金属を売る際には、宝石を専門的に取り扱う買取業者を利用するのがおすすめです。こういった業者は多数存在しており、ものによっては期待以上の額を付けてくれる場合もあります。専門店を利用する際には、店舗に出向くほか、宅配、出張サービスなどを利用して査定を受けることになります。査定に出す際、人によっては高額査定を狙うあまり、過度なメンテナンスをしてしまうことがあるので注意しましょう。専門業者なら宝石自体の価値をしっかりと見極めてくれるので、見栄えのために無理なメンテナンスを行うのはあまり意味がありません。力を入れすぎたメンテナンスはキズや欠損にもつながるため、ほどほどに止めておきましょう。ほこりや指紋が見られる場合に限り、柔らかい布で軽く落とす程度の作業で十分です。

何より、宝石の買取では付属品の有無が重要になってくるため、可能な限り準備しておきましょう。特に、宝石を売却する際には付属の鑑別書、鑑定書が大きな役割を果たし、査定にも大きく響いてきます。ルビーの買取でも同じことが言えるので、査定前に整えておくことが求められます。鑑別書、鑑定書は、ルビーの品質を証明するための非常に重要なアイテムで、買取業者でも重要視しています。こういった書類には、宝石の名称から透明度、カットのタイプなどが記載されており、誰もが共通の価値を認識できるようになっています。そのため、正規の鑑別書や鑑定書が存在していれば、ある程度の価値が既に担保されているとも言えます。高額買取の条件ともいえるアイテムなので、必ず準備し持参するようにしましょう。

装飾品